活動内容

キーワード

オアシスでは、笑顔をつなげるコミュニティーを実現するために、次のNPO法人の働きを支援しています。

各活動の概略

「愛されて育つ」をモットーに、子どもたちが愛されていることを実感する保育を心がけています。子どもたちは、聖書を土台に、多くの人の祈りと神様の愛に守られて育まれていきます。また、子どもにとって親に代われる存在はないことから、親が自信をもって安心して育児できるように、子育て相談など家庭ぐるみのサポートに取り組んでいます。

対象:生後3ヶ月から就学前までの幼児・児童
活動拠点:横浜市栄区野七里

エスペランサの目標の1つは、良いサッカー選手を育てることです。ただ楽しむだけでなく、真剣にサッカーに打ち込むことで、真にサッカーを楽しむことを願っています。アルゼンチン元代表のオルテガ総監督のもと、プロ選手への夢が実現するように、全力でバックアップしています。もう一つの目標は、良い人間を育てることです。感謝、尊敬、正しいことを選び取る強さ。自分を信じ、家族を大切にすること。スポーツを通して、人間としての生き方の土台を築けるようにと願っています。サッカーでは、小学生以下対象のサッカースクールと、ダビデFC(小学生チーム)、エスペランサジュニアユース(中学生)、エスペランサユース(高校生)、エスペランサSC(社会人)のチーム活動を行っています。また、総合型地域スポーツクラブとして、ダンスなどにも活動を展開しています。

対象:4歳〜社会人
活動拠点:横浜市栄区野七里、鎌倉市、川崎市多摩区


のあインターナショナルスクールは、1.聖書に基づいた人格教育、2.一人ひとりの存在価値を大切にする教育、3.親との連携のもとに行われる教育、を教育理念の三本柱としています。聖書には教育の責任は親にあると書かれています。親が密接に関わり、正しい価値観のもと、自分自身の存在の大切さを確認しながら、個を伸ばす教育を実施しています。また、クリスチャンの国際的なネットワークから、アメリカ、韓国、アフリカなどとの異文化交流が盛んに行われています。卒業資格としては、通信制高校(明蓬館)と提携して、文科省の定める高等学校卒業資格を取得します。また、サッカーのプロ選手を目指す高校生のための「サッカー専科」も2013年度に開設しました。

対象:小学生〜高校生
活動拠点:横浜市栄区野七里

高齢の方、障がいを持った方、闘病中の方、そしてそのご家族。様々な支援を必要とする方々に、キリスト教精神を基盤に、心を込めてサービスを提供しています。サポート自体の質と同時に、お一人おひとりを尊敬し、そのお心に寄り添い、泉のほとりで憩う安らぎを提供できることを願っています。介護保険による訪問介護サービス、生活支援サービス、居宅介護・重度訪問介護サービスなどを行っています。2014年春には念願のデイサービス「でい・さろん泉」をスタートしました。

対象:支援を必要としているすべての方
活動拠点:横浜市栄区及び近隣地域